今月の大神事 kodomo.meisou.suu-rousoku-300-1.jpg

2008年01月31日

スピリチュアルチャイルドの実証

08/1/16
学校から帰ると、「授業中に体がチクッといたくなるんだけど、

どういうことだろう」と娘○○が言う。

「ママのような感じで神様と通信が来ているのだろうか?パパ霊査

してほしい」と。

チャネリングをすると、神様からの通信を受けているとでる。

Sパパ=学校で、どのタイミングで痛くなった?

娘○○=一回は、宗教の授業の時、それと数学の授業の時。

数学の授業の時は、先生の説明が分かりにくいので、眠気が来て

しまって、もう伏せて寝てやろうかと思った瞬間、チクッときた。

Sパパ=それは寝ないで、授業を受けなさいということを神様が指導

している。

娘○○=それは意味が分かるれど家庭科の時間も痛みが来た。

Sパパ=チクッとしたときなにをしていた?

娘○○=アイロンをかけていた。手にあたりそうになって焼けどし

そうになった。

Sパパ=それは、怪我などしないように身体的な安全を神様が守って

くれている。

娘○○=なるほど! ママのように自分から質問はできないのかな〜?

Sパパ=自由に質問はできないけど、チクッの意味が分からない時は、

質問しても大丈夫。

なんでも聞いていいとなると、学生の身なので、試験の答えが知り

たくなったりするので、必要なことだけ神様の方から教えてくれる

という状態になっている。

通信は自分の勉学面、安全面、ママと、SMさんの意識向上に関する

ことに今は限定されている。

ただ、自然に接触する会員さんに対して、意識向上指導をやっても

らう場合もある。

娘○○=「もう神さまったら!痛いし、もう〜、でもこういう世界大

好き。早く仲間入りしたかったから嬉しい」

――――――――――――――

その他宗教の授業中、ママたちが通信をとりながら話している時など、

痛みの通信が来る理由について質問がある。

*詳細に回答する。・・・・・・・・・

「ママやSMさんといる時頻繁に痛み通信がくるのは、娘○○の感性

で、ママやSMさんたちをより深い気付きに導くことができるから」

これを説明している時、同意する意味で娘○○の体に痛みが走ること

2回。「パパの肉体意識からみても娘○○の感性は高いのでママたち

の助けが出来ると思うよ」と言った瞬間、娘○○が「いたい!」

娘○○は完全納得。

今日から娘○○も通信のとれる神伝使途となる。

※今回のことからスピリチュアルチャイルドの働きが明らかになる。

スピリチュアルチャイルドの定義としては、何らかの方法でメッセ

ージを発し、親や家族に対して意識進化を促す働きかけをする子供

である。

そして、親の準備が出来ていれば、12才ぐらいから、自立した

神託通信が出来、神伝覚醒道(神霊との通信から覚醒指導を受け

自己向上をする方法)に入れるという事が実証できたことになる。

こういった子供たちを増やしていかなくては、これからの地球は

よくならない。

重要なことは、これから子供を産み育てる立場の人たちが、スピリ

チュアルチャイルドの魂を呼び込み、育てるための法則を学ぶ必要

があり、既に道に入っている人たちは、準備を急がなければなら

ない。

◇スピリチュアルスクールの整備が急務である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ
posted by saisen2 at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81575695

この記事へのトラックバック

通信能力の覚醒
Excerpt: 学校から帰ると、「授業中に体がチクッといたくなるんだけど、 どういうことだろう」と娘○○が言う。 「ママのような感じで神様と通信が来ているのだろうか?パパ霊査 してほしい」と。 チャネリングを..
Weblog: スピリチュアル・チャイルド・アカデミー Kadoya
Tracked: 2008-09-18 03:39